reTerminalのディスプレイ向きを直す

Seeed K.K.の松岡です。
先週、久々にお友達の作品制作をお手伝いしました。Seeeduino XIAOのソフトウェアを作ったのですが、、、そもそもシンセの一般的な振る舞い?が分からず、あーでもない、こーでもない、と試行錯誤。要件拾う、最初のコミュニケーション大事だなと思いつつも、ひとつのものを一緒に作る楽しいひとときでした。

さて、今回はreTerminalのディスプレイ設定です。
reTerminalにプレインストールされているRaspberry Pi OS 32bitはDebian 10(buster)ベースです。一方、Raspberry Pi Imagerで配布されている最新のRaspberry Pi OSはDebian 11(bullseye)ベースに更新されています。
やっぱ最新がいいよね、とreTerminalにbullseyeベースのRaspberry Pi OSをインストールしてreTerminalに関連したドライバーをインストールすると、ディスプレイが横向きに表示されてしまい、かなり使いにくい状況になります。

今回は、ディスプレイの横向き表示を直す手順を示します。

f:id:matsujirushix:20220119114359p:plain

続きを読む

reTerminal USBブート

Seeed K.K.の松岡です。

reTerminalはストレージとしてeMMCを内蔵しているのでマイクロSD選びに悩まなくて良いです。相性とか速度とか。ただ、開発時に頻繁にOSを切り替えるときは不便です。Raspberry Pi OSの32bitと64bitの両方に対応したアプリケーションを開発しているときなど。
このようなときに、reTerminalをUSBブートできるようにしておくと便利です。今回は、reTerminalをUSBブート可能にする設定方法を紹介します。

f:id:matsujirushix:20220104144324p:plain

続きを読む