reTerminalのCompute Module 4を入れ替える

Seeed K.K.の松岡です。 Twitterでは時々呟いていますが、エンジニアブログは久しぶりです。4/15以来、3ヶ月ぶり。どーもどーも。 ようやくreTerminalが出荷開始されました。reTerminal何?という方は、こちらをご覧ください。 reTerminal カテゴリーの記事…

ReButtonをアップデートして新しい機能を使う

Seeed K.K.の中井です。 前回の記事の続きです。 lab.seeed.co.jp 前回の記事ではReButtonのファームウェアに依存しない利用方法を説明しました。 文末にも書きましたが、現在の最新のファームウェアはv1.11です。v1.0~v1.11までにいくつか有効な機能が追加…

ODYSSEY-X86J4105の拡張ピンヘッダを使ってみた

Seeed K.K.の中井です。 小型PCであるODYSSEY-X86J4105を入手したので、早速どんなものか使ってみました。 CPUはIntel Celeron J4105が載っており普通に使う分にはデスクトップPCとかわらずですが、 なんとこの基板にはSAMDが載っているのです!! Seeedらし…

ReButtonをAzure IoT Centralで可視化

Seeed K.K.の中井です。 2019年7月に発売が開始されたReButtonですが、 公式ドキュメント通りにAzure IoT Centralを設定しようとすると記述と異なる部分がありました。 ドキュメントがリリースされた後にAzure IoT Centralがバージョンアップしているため、…

Wio TerminalでシンプルなWebサーバーを動かす

Seeed K.K. の中井です。 2.4インチ、320 x 240ピクセルのLCDが搭載されているWio Terminalですが、離れた場所からスマホなどで状態を確認したい・制御したいということはないでしょうか? Wio TerminalにはWi-Fiも搭載されているので、Webサーバーを構築し…

「基礎から学ぶ組み込みRust」を読んで、Rustのコードを書いてみた

Seeed K.K.の中井です。 4月20日に発売された「基礎から学ぶ組込みRust」ですが、動作確認用のマイコンに「Wio Terminal」が採用されているということで、さっそく購入して実践してみました。 実は密かにRustに興味をもっていたので、仕事でRustに触れるいい…

Raspberry Pi Compute Module 4を採用した新製品「reTerminal」を発表

本記事は、Seeed Blog「Seeed Unveils Its First Raspberry Pi-powered Human-Machine Interface Device」の翻訳です。 2021年4月15日にreThingsファミリの新製品「reTerminal」が発表されました。 reTerminalは、産業用途向けのHuman-Machine-Interface(HMI…

[速報]reTerminal発表

Seeed K.K.の松岡です。 本日、Seeed本社からreTerminalが発表されました。 製品コンセプトとポイントを書いておこうと思います。

【オンサイト開催中止】Maker Faire Kyoto 2021に出展します!

こんにちは!Seeed K.K.の中井です。 4月16日更新、オンサイト開催中止 主催者から連絡がありオンサイト開催が中止となってしまいました。 ご来場を予定されていた方には申し訳ございませんが、安全が第一ですので次回以降のイベントが無事開催されることを…

.binを.uf2に変換するWebサイト

Seeed K.K.の松岡です。 Wio TerminalをAzure IoTに接続するサンプルコード、wioterminal-aziot-exampleをリリースする都度、お手軽に書き込みできるようにビルド済みの.uf2ファイルをReleaseに添付しています。毎回、.binファイルを.uf2ファイルに変換するP…

Seeeduino XIAO Expansion boardでデバッグ環境構築

こんにちは。Seeed K.K.の中井です。 Grove ShieldやExpansion boardとアクリルケース、ピンヘッダがはんだ付けされた状態で購入できるPre-Solderedも追加され、はんだ付け不要で一層使いやすくなったSeeeduino XIAOですがお使いいただいているでしょうか? …

ソラコム「IoTスターターキット for Arduino」のケースを作る

Seeed K.K.の松岡です。 いつもお世話になっているソラコムのIoT スターターキット for Arduinoには、弊社製品Grove Beginner Kit for Arduinoがバンドルされています。Grove Beginner Kit for Arduinoは弊社のプラスチックケースにピッタリ収納できるように…

BeagleBone Greenのセットアップが簡素化された

こんにちは。Seeed K.K.の中井です。 BeagleBone Blackをベースに設計され、センサーやアクチュエータなどを手軽に接続できるGroveコネクタが標準搭載したSeeedStudio BeagleBone Greenですが、最新のDebianイメージを使うことでWindows 10へのデバイスドラ…

Wio Terminalをタッチパネル化

Seeed K.K.の中井です。 TFT液晶や無線LANなどを備えたWio Terminalですが、もっと手軽に操作したいなぁと思ったことはないでしょうか? 5Wayスイッチやボタンも備えていますが、直感的に操作できるとさらに使いやすくなるのではないかと思い、 市販のタッチ…

Wio TerminalでMbed OS

Seeed K.K.の中井です。この記事はSeeedUG Advent Calendar 21日目の記事です。 この記事ではmbed祭り 2020@秋のオンラインで発表されていた「Wio TerminalをMbed OSで動かしてみる」を実際の動作確認手順と共にご紹介します。 先ほどの坪井のプレゼン資料は…

ソラコムの「IoTスターターキット for Arduino」

Seeed K.K.の松岡です。 今朝は、わたしのいる北名古屋市でも雪がちらほら。寒いですね。 いつもお世話になっているソラコムからLTE-M Shield for ArduinoというArduino向けLTE-Mシールドと、弊社製品Grove Beginner Kit for ArduinoがバンドルされたIoT ス…

Wio Terminalのバッテリーが新しくなりました

Seeed K.K.の松岡です。 Wio Terminal販売開始(2020年5月)と同時に、Wio Terminalの外付けバッテリー「Wio Terminal Battery Chassis」が発表されていましたが、日本では入手できない状況が長く続いていました。 このたび、「Wio Terminal Battery Chassis…

Ogaki Mini Maker Faire 2020に出展します

こんにちは。Seeed K.K.の中井です。 タイトルにもあるように、Seeed株式会社は「Ogaki Mini Maker Faire 2020」の物理会場に出展します! イベント名Ogaki Mini Maker Faire 2020 開催日時2020年12月5日(土)12:00 〜 17:00 2020年12月6日(日)10:00 〜 1…

Wio Terminalの新しいRTL8720ファームウェアをリリースしました

Seeed K.K.の松岡です。 Wio Terminalの中には、メインMCUのATSAMD51P19とWi-Fi/BLE通信用MCUのRTL8720DNが入っています。 先日、このWi-Fi/BLE通信用MCUのファームウェア「RTL8720ファームウェア」を新しくリリースしたので、簡単に紹介します。

Azure FunctionsでWEBサイト監視

こんにちは!SeeedK.K.の中井です。 みなさんお気づきでしょうか? 最近弊社のコーポレートサイトがたまに落ちていたことに。 社内の人間が気づいたり、SNSなどでご連絡いただいた場合には速やかに処置してはいるのですが、 サーバーが落ちている時間は思っ…

Wio Terminalと赤外線アレイセンサ「AMG8833」

Seeed K.K.の中井です。 今年の5月に発売されたWio Terminalはサーマルカメラみたいなものと相性がよさそうかなと思いながら数カ月が過ぎてしまいました。最近になってようやくGrove - AMG8833 8x8 Infrared Thermal Temperature Sensor Arrayを入手したので…

「Maker Faire Tokyo 2020」Seeed K.K.ブースのご紹介

こんにちは!Seeed K.K.の中井です。 今回は10月3日と4日に東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2020」についてです。 イベント名Maker Faire Tokyo 2020 日程2020年10月3日、4日 会場東京ビッグサイト 西4ホール Seeed K.K. ブースS / 01-02 …

ディスプレイに文字を表示する(その2) @WioTerminal

Seeed K.K.の松岡です。 ディスプレイに文字を表示する(その1) @WioTerminalの続きです。 最後に「文字が小さくて見にくいので、、、次回、文字サイズとフォントを変更したいと思います。」と予告していたので、予告通り今回は文字サイズとフォントを変更…

Raspberry Piを使ってHDMIカメラを作ってみた

こんにちは。最近、ご多分に漏れずATEM Miniを買ったSeeedの坪井です。 ウェビナーをしたりYouTubeで配信をするときにHDMIスイッチャーがあれば良いなぁと思って、ついポチっと購入をしてみました。 スライドを表示しつつ、ピクチャーインピクチャーで喋って…

ディスプレイに文字を表示する(その1) @WioTerminal

Seeed K.K.の松岡です。 ここ1ヵ月ほど、Wio Terminalをイジっていました。Wi-Fiあたりを。 まだベストなパフォーマンスとはいえませんが、かなり改善できたと思います。この件については、また改めてブログに書きたいなと思っています。 パフォーマンスの…

Raspberry Piで産業用microSDのS.M.A.R.T.機能を使ってみた。

こんにちは。やっぱりSBCはeMMCが載っているのが好きな坪井です。 でも、Raspberry Pi Compute Module 3+はメモリが1GB。8GBラインナップまであるRaspberry Pi 4 Model Bを使いたいときはあります。そんなときは、せめて信頼性の高いmicroSDカードを使いたい…

Wio LTE Cat.1 + FreeRTOS

Seeed K.K.の松岡です。 ブログ久しぶりに書きます。最後に書いたのは4/28なので、約1.5ヵ月ぶり。 Wio LTE Cat.1、発売開始から2年以上経っていますが、いまだに根強い人気で多くの方にご利用いただいておりますありがとうございます。 seeedjp.github.io S…

Wio 3GやWio LTE M1/NB1(BG96)のデバッグができるArduino Pro IDE

執筆時点ではベータ版 (バージョン0.0.6) がリリースされているArduino Pro IDEですが、気になる機能を搭載しているので早速使ってみました。 追記 バージョン0.1.0ではデバッグ不可 バージョン0.1.2ではデバッグ可能 (SeeedJP STM32 Boards by Seeed K.K.: …

micro:bit(マイクロビット)用のビジュアルプログラミング環境でGroveモジュールを使う 〜マイクロビット用Grove Inventor キット〜

Seeedさん社内の人ではなくユーザという立場ですが、本ブログで記事を書かせていただくことになりました豊田(@youtoy)です。 今回、プライベートの活動(技術系コミュニティの活動や子ども向けのプログラミングサポートの活動)でよく利用している、下記の…

Seeeduino XIAOをPlatformIOで開発

Seeed K.K.の中井です。 今回はSeeeduino XIAOをPlatformIOでArduinoフレームワークを利用した開発ができるようにリポジトリが準備されましたので、セットアップ手順をご紹介します。 尚、本記事の内容については公式にサポートするものではありませんので、…