[速報] reTerminal日本国内販売開始

Seeed K.K.の松岡です。

2021年4月に発表、2021年7月に出荷開始したreTerminalですが、やっと技適マークが付いて、本日、日本国内の販売が開始されました。

f:id:matsujirushix:20211013131759p:plain

reTerminalとは?

4/15にSeeedが発表した、工業用IoT端末ハードウェアです。

lab.seeed.co.jp

reTerminalはオフィスや工場で安心して使える製品ということで、専用のケースを設計し、画面表示やタッチパネル、インターネット接続といった、IoT端末に求められる機能を一体化しました。また、用途に応じて機能を拡張できるように、背面に拡張コネクタを用意しました。

f:id:matsujirushix:20211013142917p:plain

心臓部は、Raspberry Pi Compute Module 4(以降、CM4)を採用しました。CM4はワイヤレス機能の有無、RAM容量、eMMC容量の違いで複数リリースされていますが、reTerminalはワイヤレス有りRAM 4GBeMMC 32GBのCM4104032を内蔵しました。ストレージにマイクロSDを使わなくていいので安心です。CM4を採用したことで、Raspberry Piの豊富なソフトウェアを利用できます。

f:id:matsujirushix:20211013135833p:plain

もちろん、技適マーク付き。日本国内でも無線利用OKです。

f:id:matsujirushix:20211014091735p:plain

2021/10/15 17:17時点、下記の国内の販売店から購入することができます。(あいうえお順)

参考リンク

変更履歴

日付 変更者 変更内容
2021/10/15 松岡 作成